• 山口 律子

一時預かりをはじめた理由

更新日:4月26日

 はじめての赤ちゃんがやってきた時、うれしい気持ちはあるものの「赤ちゃんってこんなに大変…」と愕然としました。自身の母への感謝とともに世界中のお母さんすごい!と思いました。ママたちがこんな大変なことを難なくこなしているように見えたのです。あの頃の私が一番助かったことは、「ひとときでも赤ちゃんを見ていてもらえた事」でした。ごはんを作ってもらうより洗濯してもらえることよりもひとりの時間にホッとしたのを覚えています。

働き方や暮らし方はどんどん変化していて、今までの育児テンプレートが私達には合わない部分も出てきました。ひとりで頑張らない子育てを日常に。仕事してなくても預けられるを当たり前に。子育ての「今」が楽しくなりますように。


そうして一時預かりのお部屋を開所しました。あの頃助けてもらったから恩返しです。

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示