top of page
  • 執筆者の写真山口 律子

4年目へ

2024年4月3日でdou-douは3歳になりました。節目の年です。自分の子育てが始まった時、生活がこんなにも一変するのかと戸惑いました。昨日まで何もかも自分のタイミングで出来ていたことが許されなくなる…現状社会での出産、育児はさらに大変だろうなと感じました。どうか貴重な子育て期を楽しんで過ごしてほしいという祈るような思いで「預けたい人が安心して預けられる」そんな託児ルームをつくろうと2021年、コロナ禍でのオープンを決意しました。あと一人保育士がいたら、もう少しお部屋が広ければ、もっとお母さんたちの「ちょっと見てて」に応えることができたのに…力不足に口惜しい日も多かったです。2026年、子ども誰でも預かり制度(仮称)が予定通り全自治体で施行され定着し誰しもの育児負担が軽減されるようになればdou-douの役目は終わるのかもしれません。しかし今、待ったなしの育児が目の前にあります。今ある子育ての支えに尽力したいのです。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page